事務所ブログ

tel_sp.png メールでのお問い合わせ

2013.04.25更新

経営が順調に、計画通りに進めることができれば安心なのですが、さまざまな理由で資金繰りをしなくてはならないこともあります。
そのような時には、どうしたら良いでしょう。

自己資本で調達することができる場合は問題がないのですが、他から資金調達を考えねばならないこともあるかもしれません。
銀行融資や公的融資、助成金などを利用したい場合もあるでしょう。
資金調達は、会社の存続、発展のために大変重要な経営資源の一つです。

資金調達が円滑に行われるためには、借り入れる相手先との信頼関係や、健全な経営をしていることを相手に理解してもらうことが大切です。
横浜の西井大輔税理士公認会計士事務所では、地元の金融機関とも連携を取り、さまざまな融資制度の把握と、ご紹介のできる体制を整えています。当事務所による月次決算が適切に実施されているお客様については、「適時記帳証明書」を発行し、資金調達時においてもご支援できるようにしています。

資金調達の計画策定から実行まで、細かくサポートできるのが当事務所の強みです。
資金繰りなどに不安のある方は、一度当事務所までご相談ください。

投稿者: 西井大輔税理士・公認会計士事務所

メールでのお問い合わせ