事務所ブログ

tel_sp.png メールでのお問い合わせ

2014.06.30更新

会社が会計ソフトを導入して自ら財務管理することを自社計算化といいます。
自社計算化には、会社の業績がしっかり把握できる、経営の問題点を発見しやすい、経営ビジョンがたてやすくなる、といったメリットがあります。

会計帳簿は、会社の第二の経営者であり、非常に大切なものですが、様々な理由から、経理管理が不十分な場合もあります。
当事務所では、経験豊富な税理士が、自社計算化を丁寧に指導し、健全な会社経営をサポートします。

税理士の仕事は、会社設立支援、資金調達支援から連結決算業務に至るまで、多岐にわたっていますが、いずれも経営者さまをサポートするためのものです。
当事務所は、ビジネスドクターとして、横浜で奮闘していらっしゃる経営者さまを支えることを目標にしていますので、経営のことなら、当事務所にご相談下さい。

投稿者: 西井大輔税理士・公認会計士事務所

メールでのお問い合わせ