事務所ブログ

tel_sp.png メールでのお問い合わせ

2014.07.29更新

会計帳簿を付けることは、会社法や商法で義務付けられています。
会計帳簿を付けていない場合には、違反となります。
外部に委託しているならば良いだろうと思われがちですが、帳簿は、業務の課程で作成されたものでなければならないとされています。

当事務所では企業が自社で会計ができるよう、自計化を推進しています。
会社の規模が大きくなればなるほど、適時、会社の経営状況を把握する必要が出てきます。
そのためにも、自計化を進め、その処理方法が適切かどうかを当事務所でチェックできる体制が望ましいと考えます。
また、試算表や決算書を読めることも経営者にとっては必要です。
当事務所では、システム導入から運用、保守まで積極的にサポートしています。

横浜近辺で、未だ自計化していない方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

投稿者: 西井大輔税理士・公認会計士事務所

メールでのお問い合わせ 無料メルマガ配信中 登録はこちらから